東京創価学会 公式サイト

師弟の大道を朗らかに 東京研修センターで渋谷が勤行会

2020年1月1日東京研修センターで渋谷総区が勤行会 「前進・人材の年」の開幕を告げる新年勤行会が各地で行われた。 このうち、渋谷総区の代表は1月1日、渋谷区の創価学会東京研修センターに晴れやかに集った(写真)。 元井総区男子部長、川上同女子部長が弘教拡大の決意を披歴。千須和同婦人部長が「励ましの輪を広げ、多彩な人材の輩出を」と語った。古谷総区長は「青年を先頭に各部一丸の躍進で、師に勝利の報告を」と呼び掛けた。 池田主任副会長は、小説『新・人間革命』を学び深め、全員が師弟の大道を歩んでほしいと力説。最後に全員で、渋谷の歌「万歳! SHIBUYA」を合唱した。

渋谷で「感謝の集い」を晴れやかに

創価学会渋谷平和会館落成20周年を記念する「感謝の集い」が12月1日、同会館で行われた。 東京管弦楽団の弦楽四重奏による演奏の後、古谷総区長は謝辞とともに「今後も地域に根を張り、信頼と友情を築いていきたい」と語り、岡部副会長があいさつをした。

創価学会東京研修センターで渋谷が勤行会

2015年1月5日 渋谷総区新年勤行会渋谷総区の代表が集った新年勤行会が1日、創価学会東京研修センター(渋谷区)で行われ、「世界広布新時代 躍進の年」を晴れやかに船出した(写真)。 山本総区男子部長、藤本同女子部長は新年の決意を披歴。沢辺同婦人部長のあいさつに続き、潮田総区長は渋谷総区の新スローガン「皆が躍進! 師弟の本陣・師武城」を発表。「師のもとから出発できる感謝を忘れず、師弟有縁の地の誇りに燃え、完勝の歴史を築こう」と訴えた。 河合東京婦人部書記長に続き、池田副理事長が激励した。 学会歌「誓いの青年よ」に、広布拡大の誓いを込めた。

文字の大きさを変更

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
Return Top